更年期障害について

更年期障害とは

女性は30代後半から女性ホルモン(エストロゲン)の量が次第に減少してきます。
そして平均して50歳前後で閉経を迎えますが、その前後の45~55歳までを一般に更年期と呼んでいます(この年齢には個人差があります)。
更年期は急激に女性ホルモンが減少するため、体がその減少の変化についていけず、さまざまな変調をきたしがちです。
特に、自律神経失調症状が多く、いわゆる“不定愁訴”がよく現れます。
自覚症状には個人差があり、日常生活に差し障る症状が出た場合を一般に更年期障害と呼んでいます。
更年期には、障害の程度が極めて強く出る人から全く無い人まで、さまざまです。

更年期障害の症状

更年期障害では、よく月経異常やのぼせ、ほてり、不安などの症状が引き起こされます。
また、肌や髪のつやが無くなったり、性器の萎縮が起こってきたりします。
潤いも少なくなり、性交時に痛みを感じるようになる人もいます。
そのため夫との性交渉がうまくいかなくなり、悩んでしまうケースも多いようです。
また、更年期にうつ症状を呈する人がたくさんおられます。
更年期うつに隠れて、あるいはそれが引き金となり、本物のうつ病が発症することもあります。
一方、更年期には様々な不定愁訴が現れるため、別の病気が隠れていても、更年期のせいだろうと決めつけ、本来の病気を見逃してしまうことがあります。
つ病、心臓病、がん、糖尿病といった病気が隠れている可能性もありますので、まずは早めのご相談をお勧めいたします。

更年期障害の検査・治療

前述の症状、および血中の女性ホルモン量を調べる検査で更年期障害の診断を行います。
また更年期障害の治療では卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)を投与するホルモン補充療法(HRT:Hormone Replacement Therapy)が一般的な治療法ですが、ホルモン療法以外にも、漢方薬などで症状を軽減することもできます。

更年期障害の漢方治療

ホルモンバランスをとる作用ある漢方薬の当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)、加味逍遥散(かみしょうようさん)、桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)(以上は“三大婦人役”と呼ばれます)などが主に処方されます。
当帰芍薬散は、冷えや貧血症状の強い方に、加味逍遙散は精神症状が強い方に処方されます。
また、のぼせ症状が強いようなら桂枝茯苓丸が効果的です。
うつ気分、神経質、めまいなどの精神症状にはホルモン補充療法よりも、むしろ漢方薬が有効なことがあります。
また、ホルモン補充療法が使えない患者さんに漢方を処方することもあります。

クリニック概要

名 前
らんレディースクリニック
住 所
品川区北品川6-5-27セントラル品川御殿山6F
電 話
03-5792-5617
最寄り駅
JR山手線五反田駅 東口より徒歩9分
JR山手線大崎駅 東口・新南口より徒歩10分
休診日
水曜・日曜・祝日
土曜は09:30~14:00
診療時間 日・祝
09:30~12:30
14:00~17:30